So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

蓮舫氏目標は「5位でいい」…南青山で事務所開き(スポーツ報知)

 参院選で改選を迎える東京選挙区(改選5)の民主党・蓮舫行政刷新相(42)が12日、東京・南青山で事務所開きを行った。

 初当選した2004年の参院選から6年で入閣を果たし、2期目に挑むが「どんな肩書でも私は私です」とキッパリ。選挙期間中は自身の活動より、同党の他候補者の応援が増えるが「東京を離れたくないけど、政党にとっても大きな戦い」と気を引き締めた。目標は「5位以内」と控えめで、昨年の事業仕分けでの「2位じゃだめなんですか」発言を連想させる、トップにこだわらない姿勢を強調した。

 【関連記事】
蓮舫氏が初登庁「きつい女ではないのでご安心を」
内田裕也、蓮舫行政刷新相にエール「ロックの魂を感じる」
蓮舫氏入閣、亀和田武氏は不支持「すきまタレント」
蓮舫行政刷新相、緊張「新しい日本の始まりです」

北教組事件 小林議員の陣営幹部に有罪(産経新聞)
賭博力士「特定情報は公表できない」…相撲協会(読売新聞)
磁気定期券悪用のキセル乗車、京急も1人(読売新聞)
<裁判員裁判>強盗致傷「指示」の男懲役9年 東京地裁判決(毎日新聞)
小林千代美議員が辞職表明 北教組委員長代理の有罪判決受けて(産経新聞)

<囲碁>本因坊第3局控え前夜祭 奈良(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局が8日、奈良市の奈良ホテルで開幕する。

 1勝1敗のタイで迎える第3局の先番は羽根。立会は石井邦生九段、解説は植木善大八段、記録は佐々木毅五段と古家正大四段が務める。

 7日午後6時から開かれた前夜祭では、園崎明夫・毎日新聞大阪本社副代表が「本因坊戦の長い歴史の中ではさまざまなドラマが生まれてきた。若い実力者のお二人によって、新しい時代の新しいドラマが生まれることを、全国のファンとともに期待しています」とあいさつ。荒井正吾・奈良県知事が「日本で一番古い碁盤が正倉院にある。遷都1300年祭で盛り上がる奈良で、歴史ある本因坊戦が開催されることを心から感謝したい」と歓迎の言葉を述べ、仲川げん・奈良市長の発声で乾杯した。

 対局は8日午前9時に開始。午後5時に手番の者が封じ手を行って9日に打ち継がれる。持ち時間は各8時間。【澤木政輝】

【関連ニュース】
囲碁:アジア大会代表候補12人発表
囲碁:山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局
囲碁:本因坊戦第2局 再び険しい局面へ
囲碁:本因坊戦第2局始まる 羽根、強気に戦う
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から

自衛官少年、強盗強姦容疑で逮捕=女子高生を駅トイレで―群馬県警(時事通信)
徳島市職員が執務中に後輩暴行か…警察に被害届(読売新聞)
郵政法案 与党が強行採決、衆院通過(産経新聞)
小樽の馬暴走、馬車金具の留め方が不十分?(読売新聞)
APEC貿易相会合、閉幕へ=自由化推進声明を採択(時事通信)

平城宮東院庭園、特別名勝指定を答申…文化審(読売新聞)

 文化審議会(西原鈴子会長)は21日、「平城宮東院(とういん)庭園」(奈良市)を特別名勝に、福島県白河市の白河藩の居城「小峰城跡」や、徳島県阿南市などの「阿波遍路道」など13件を史跡、名勝、天然記念物に指定するよう文科相に答申した。

 東院は、平城宮の東辺に張り出した一角で、皇太子の宮殿「東宮(とうぐう)」などとして使われた。修復された庭園は昨年、名勝に指定されたばかり。

 その他の答申は次の通り。

 【史跡】常陸国府跡(茨城県石岡市)▽大町釈迦堂口遺跡(神奈川県鎌倉市)▽長州藩下関前田台場跡(山口県下関市)▽妙見山古墳(愛媛県今治市)▽熊本藩川尻米蔵跡(熊本市)▽小湊フワガネク遺跡(鹿児島県奄美市)【名勝】和歌の浦(和歌山市)▽円月島(和歌山県白浜町)【天然記念物】大室山(静岡県伊東市)▽多度のイヌナシ自生地(三重県桑名市)▽ヤクシマカワゴロモ生育地(鹿児島県屋久島町)【登録記念物】小川氏庭園(鳥取県倉吉市)▽賀来飛霞(かくひか)標本(宮崎市)【重要文化的景観】高島市針江・霜降の水辺景観(滋賀県高島市)▽田染荘小崎(たしぶのしょうおさき)の農村景観(大分県豊後高田市)

普天間移設 徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官(毎日新聞)
ウイルス、酢で防げ…宮崎市が無人ヘリで散布(読売新聞)
首相動静(5月21日)(時事通信)
来ないiPad 個人輸入、届けば中身カラッポ(産経新聞)
移送のアホウドリが巣立ち=小笠原・聟島(時事通信)

郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)

 政府と民主党のマニフェスト企画委員会は7日、都内のホテルで、党所属地方議員から参院選マニフェスト(政権公約)への提言を受けた。地方議員側は、郵便貯金の預け入れ限度額を1千万円から2千万円に引き上げる郵政事業見直しについて「限度額引き上げは理解できない」と提言した。政治とカネの問題でけじめをつけることを求めるとともに、「民主党らしさ」を示す法改正として「夫婦別姓」と「取り調べの可視化」を提案した。

【関連記事】
郵政見直し法案 「改悪」の本質を見極めよ
出来レースだった「郵政見直し」 40万の郵政票狙い
郵政見直し「理解に苦しむ」、経済同友会代表幹事
全国銀行協会長、奥正之氏 郵政見直しで民間金融崩壊も
経営チェックは人選次第の危うさ 郵政改革法案概要発表
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
「最低でも県外、場当たりでない」…首相が強調(読売新聞)
カキツバタ 雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)

巨人元投手、桑田さんの元義兄初公判 詐欺事件の認否保留(産経新聞)

 旅館の売買の仲介を装い多額の約3億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた会社役員、長田喜弘被告(51)の初公判が27日、横浜地裁(佐脇有紀裁判官)で開かれた。長田被告側は起訴内容について認否をしなかったため、公判は進まず閉廷した。

 長田被告はプロ野球巨人の元投手で米大リーグ・パイレーツでも活躍した桑田真澄さんの姉の元夫。法廷には白の上下のスポーツウエアで入り、神妙な面持ちで裁判官の人定質問などに答えていた。

 起訴状によると、長田被告は平成17年3月、横浜市のホテルで同市の男性に大分県の旅館の買収話を持ちかけ、約3億円を振り込ませるなどしてだまし取ったとしている。

【関連記事】
政界進出!? 桑田、球界復帰は「考えてないです」
外様頼りの巨人、V10ノルマにOB反論「生え抜き主軸じゃなきゃ」 
“首席”桑田は速球派!? 担当教授とさっそくコラボ
桑田氏、次の“勉強”は米とワイン作り
桑田氏卒論「最優秀」に A4リポート用紙96枚の大作
「裸の王様」次に座るのは…

恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
みんなの党「四十七士大作戦」 埼玉と千葉に候補者(産経新聞)
志位委員長が訪米へ=結党以来初めて−共産(時事通信)
谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)
死亡7人全員の身元確認=札幌グループホーム火災(時事通信)

5人殺傷、容疑者のネット解約翌日だった(読売新聞)

 愛知県豊川市伊奈町、会社員岩瀬一美さん(58)方で家族5人が刺され、一美さんと孫の女児(1)の2人が死亡した殺傷事件で、逮捕された長男の無職高之容疑者(30)が、「インターネットを解約されたのは、(事件前日の)16日だった」と供述していることが19日、捜査幹部への取材でわかった。

 豊川署は、解約を知った高之容疑者が、急激に殺意を強め、犯行に及んだとみて調べている。

 捜査幹部や次男(24)の関係者によると、一美さんらは、事件の約2週間前にいったんインターネットを休止した。

 しかし、高之容疑者が勝手に復活させたため、12日頃から家族との間でトラブルが激しくなり、同署に相談するなどした上で、16日に再び一美さんが解約したという。

 自室に引きこもり状態だった高之容疑者は、2〜3年前からインターネットのオークションサイトで洋服や写真集などの買い物を繰り返すようになった。クレジットカードの利用額は200万円以上に膨らみ、商品が届いてもほとんど開封せず、自室には段ボールが山積みになっていたという。

<凍結卵巣>移植治療を国内で初めて開始 順天堂大(毎日新聞)
<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
松本死刑囚の写真、今も…オウム施設を検査(読売新聞)
【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)

<郵便不正事件>大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下(毎日新聞)

 郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の刑事裁判で、大阪地裁(横田信之裁判長)が村木被告の弁護側が申請していた元係長、上村勉被告(40)の弁護人2人の証人申請を却下していたことが分かった。弁護側が12日、明らかにした。

 これまでの公判で、村木被告が偽証明書の作成を指示したとされる検察側主張について、上村被告は「私が独断で作成した。指示はなかったと主張したが、検事が聞き入れなかった」と証言。上村被告の「被疑者ノート」にも一貫して指示を否定する取り調べの経過が記載されていたため、村木被告の弁護側が「ノートの信用性を立証したい」として証人申請していた。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
障害者郵便割引不正:枝野氏「検察の間違いが濃厚」と批判

与謝野氏「当面は今のまま」 参院選出馬を否定(産経新聞)
「正義感強くまじめ」=海外取材何度も、15年超のベテラン−銃撃で死亡の村本さん(時事通信)
ガス田開発など協議=日中首脳が会談(時事通信)
「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)
現場の混乱招いた? 新型インフル対策の「広報」で議論(医療介護CBニュース)

<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)

 中国が日本人4人の死刑執行を通告したことを受け、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」(東京都千代田区)は5日夜、東京都港区の中国大使館前で、死刑執行停止を求める緊急アピールを行った。

 アムネスティ日本の職員が要請文を読み上げ、今回の死刑執行停止のほか▽死刑の執行状況の情報公開▽薬物や経済犯罪の死刑の適用除外▽公正な裁判を受ける権利の保障−−などを求めた。

 要請文を大使館のポストに入れた後、「停止執行死刑」などと書いたボードを掲げ「中国政府は直ちに死刑の執行を停止してください」などと呼び掛けた。

 アムネスティ日本は6、7日も同様のアピールを行う予定で、「深刻な人権問題。日本政府は中国政府に執行停止を働きかけるべきだ」と話している。【松本惇】

【関連ニュース】
中国:日本の国民感情に配慮 死刑囚と面会
埼玉保険金殺人:八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
中国政府:3邦人近く死刑執行 外相、駐日大使に懸念
死刑:中国で1000人以上執行 アムネスティが報告書

自転車事故「欠陥が原因」=四肢まひの男性が輸入元提訴−東京地裁(時事通信)
<海王丸>咸臨丸の航路たどる…サンフランシスコに向け出航(毎日新聞)
ヤシの木にオオシマザクラが寄生 「灘のけんかザクラ」と親しまれる(産経新聞)
働く女性、7年ぶり減少=男性との賃金格差縮小−09年厚労省まとめ(時事通信)
自民が臨時役員会(時事通信)

三田女性殺害事件でおいを窃盗容疑で逮捕、兵庫県警(産経新聞)

 兵庫県三田市の自宅で無職の大下タヨリさん(84)が殺害された事件にからみ、三田署捜査本部は31日、大下さんの夫(死亡)のキャッシュカードで現金を引き出したとして、窃盗容疑で、無職のおいの男(47)=神戸市兵庫区=を逮捕した。捜査本部は、男が大下さんの死亡について何らかの事情を知っているとみて調べる。

 捜査本部によると、男は「(大下さんに)頼まれて引き出し、金も渡した」と否認しているという。

 逮捕容疑は、1月23日午後、大下さんの夫のキャッシュカードを使い、三田市内のコンビニエンスストアの現金自動支払機から現金15万円を引き出して盗んだとしている。

 男は、3月19日に大下さんが自宅の布団で死亡しているのを見つけ、110番していた。男は大下さんに数百万円の借金があり、トラブルになっていたという。

【関連記事】
千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結
薬局店主殺害の男に「強欲で非情」と死刑求刑、大阪地裁
母子殺傷で男に無期懲役 札幌地裁
遺族「死刑判決を」 大阪・薬局店主殺害公判
自殺偽装の殺人罪で起訴 自衛官の妻ら5人

谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」(産経新聞)
官邸報道室の金澤調査官が退職=9内閣見守る(時事通信)
<笠間市長選>山口氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
校長の発言、人権侵害と勧告=女児殺害事件後に同級生PTSD−九弁連(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。