So-net無料ブログ作成

上申書殺人で無期懲役確定へ 最高裁が上告棄却(産経新聞)

 死刑囚の上申書から発覚した茨城県阿見町の保険金殺人事件にからみ、殺人などの罪に問われた無職、三上静男被告(60)の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は、三上被告側の上告を棄却する決定をした。無期懲役とした1、2審判決が確定する。決定は3日付。

 上申書は、別の殺人事件で死刑が確定している元暴力団幹部、後藤良次被告(51)が茨城県警に提出。後藤被告も改めて保険金殺人事件で懲役20年の1審判決を受け、控訴中。

 1、2審判決などによると、三上被告は平成12年、肝硬変などを患っていた会社社長=当時(67)=に無理やりウオツカを飲ませ殺害。保険金約9800万円を詐取した。

【関連記事】
上申書殺人 死刑囚に懲役20年の判決
死刑囚に無期懲役を求刑 茨城の上申書事件
茨城の保険金殺人 上申書は「復讐と贖罪」
元妻から保険金の一部を受け取りか 自衛官の自殺偽装殺人で
「事故で子供けが」 保険金詐欺で男女11人逮捕

<職業指導>来春から大学、短大で義務化 文科省が省令改正(毎日新聞)
名古屋死亡ひき逃げの4人、別の車窃盗で再逮捕(読売新聞)
小沢幹事長 「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
チリ巨大地震 津波の規模「一番大きくなること想定」 気象庁(産経新聞)
学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望(河北新報)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。